読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ninja650と一緒に!

バイクの面白さにちっとも興味なかった自分が、なぜ面白い!ってなったのか、そしてバイクの面白さをお伝えできればいいな。直接やり取りしたい場合は、twitterもやっていますのでそちらからどうぞ(@vaio0101m)

2015北海道ツーリング#5

前日の雨はやみ、快晴の気持ちの良い朝を迎えることができました。

 

昨晩いろいろと話した人と仲良くみんなで朝ごはんです。

 

朝ごはんも決して豪華ではないものの、基本すべて手作りのとても贅沢な美味しい朝食でした。

 

今日の行程

網走(宿)~網走刑務所~網走監獄見学~知床峠羅臼~開陽台(見晴らしがいいらしい)~摩周湖帯広の近くの宿

 

距離、結構あります。

しかも見るところもあります。

 

ということで、朝食をいただいたらすぐに出発です。

 

ほかの皆さんもすぐに出発するようで、支度をしています。

 

そんな中一番乗りでの出発となりました。

みなさんに温かく見送りしていただきました。

 

あら鷲さん、大変お世話になりました。

心温まるおもてなし、そして宿で一緒だった皆さま、素敵な時間をありがとうございました。

こちらのメンバーとは年齢が親と子ほども離れていたので、特に連絡先は交換しませんでしたが、いつの日かまた出会えたらいいな。

ちなみにこちらで知り合ったご夫婦とは同じ横浜市民なので、出会うかもw

 

宿から5分10分走ると、網走刑務所に到着です。

なにげに網走刑務所と網走監獄は同じものかと思っていましたが違いました(笑

 

網走刑務所は現役で稼働してます。。

一方の網走監獄は現在は北海道開拓の歴史を含めた展示を行っています。

f:id:ninja650:20151014005348j:plain

網走刑務所から網走監獄へはバイクで15分くらいでした。

 

バイクは駐輪場代かかりませんでした。

 

f:id:ninja650:20151014005552j:plain

 

こんなものもあります。

 

今日は移動距離もあるので、ささっと全体をみて先を急ぎます。

今度は時間をかけて網走監獄を見学したいです。

北海道開拓の歴史がわかりやすく説明されていて、とても興味深いです。

そして大変な苦労(冬はとても寒い)したことも、丁寧に書かれていて

飽きません。

 

網走監獄は1時間半ほどで見学を終了させました。

 

次なる目的地は知床半島です。

こちらの走行動画をただいま編集中です。

年内にUPできるといいなwww

 

知床は、、、道混んでました

片側一車線でゆっくり走る車がいると、後ろは大渋滞・・・・

 

知床峠のほうに向かいます。

若干曇っている、、いやガスってる

 

そのまま進むと、、、峠を越えたあたりから素晴らしい景色を見ることができました。

 

f:id:ninja650:20151014010126j:plain

羅臼側から知床峠を。

 

とってもいい天気です。

 

知床峠を下ると、そこは羅臼の街が広がっています。

羅臼昆布買おうかと思いましたが、荷物が嵩張るので諦めました。

ちょうど昼時だったので、ホッケを食べました。

ホッケ定食かと思ったら、ホッケだけしか出てこなくて

仕方ないので、ホッケを一匹だけ食べました。

ちょっと恥ずかしかったです。

 

羅臼からは択捉島とかがみえました(た気がします)

f:id:ninja650:20151014005628j:plain

 

続いては、根室に行きたいところですが、時間の関係上、内陸に入り

開陽台を目指します。

道東までくると、走っているバイクは道北に比べると全然少なく

ヤエ~の機会が激減でつまらない。。

 

羅臼から開陽台はまあまあ遠くて、1時間半~2時間くらいかかったかな。

f:id:ninja650:20151014010637j:plain

 

こちらも天気に恵まれてなによりです。

 

開陽台では異様な数のテントウムシがいました。

柱がテントウムシに覆われてたりで、ちょっときもかった。

 

こちらでははちみつソフトが有名だそうで、買ってみました。

ソフトクリームにはちみつをかけただけでしたw

まあまあの味ですが、感動はなかったです。

 

1時間くらいゆっくりしたら、次は摩周湖を目指します。

 

霧の摩周湖と呼ばれていますが、人生で2回とも霧とは出会いませんでした。

f:id:ninja650:20151014010847j:plain

 

こちらはお土産屋さんが何としても観光客に買わせようという努力が犇々と伝わってきました。あいにくそういうのは好きではないので、スルー。

 

時刻はもうすぐ夕方。

 

こらから阿寒湖を通り、帯広へ向かいます。

 

たしかこのあたりでもう3時くらいだったような。。。

 

急がねば日が暮れてしまいます。

しかも帯広までの道中はどう考えても山の中なので、なおの事日が沈むまえに目的地に到着したい!

果たして明るいうちに到着できるのかっ!

 

♯6につづきます。